ポロシャツ

豊富な用途で着用できる扱いやすいオリジナルポロシャツの作成

ポロシャツにプリントする際の注意点

オリジナルのポロシャツを作る場合、業者に依頼する他にも、インクジェットプリントで自作するという方法があります。大量に必要なものでなければ、この方法で誰でも簡単に作ることができますが、その際は、少し注意したいポイントがあります。それは、ポロシャツの素材です。素材によっては、プリントに失敗してしまうこともあります。インクジェットプリントが失敗しやすい素材とは、ポリエステルです。ポリエステルのポロシャツにプリントしようとした場合、熱によって、プリント部分にシャツの染料がついてしまうのです。綿100%の素材であれば、そのような失敗は起こりません。
しかし、ポロシャツには、ポリエステルを含んだものや、ポリエステル100%のものも多いので、これを避けるというのは、なかなか難しいことです。そんなときは、アイロンプリントシールを先につけるのが、おすすめです。先にプリントシートを低温プレスで定着させ、その上からプリントすることで、染料による汚れを防ぐことができます。また、襟やポケットなど、生地が重なっている部分へのプリントは困難なので、そうした部分は避けるようにしましょう。このような注意点を押さえておけば、プリントに失敗することはありません。きれいにプリントして、オリジナルのポロシャツを作りましょう。